オーディオ機器を選ぶ決め手

オーディオで好みの音質を作る方法

オーディオで好みの音質を作る方法 オーディオの目的は、音源を好みの音質で聞く方法と言えるでしょう。
それには環境と機器が必要となります。
環境はどういった場面で聞くかと言うことですが、一般的にオーディオに興味を持っている人の場合は、専用のリスニングルームや書斎といった場合が多いでしょう。
最も興味深いのは機器です。
レコードやCDの音源を拾うプレーヤー、その信号を増幅させてスピーカーを運転するアンプ、最終的に電気信号を音に戻すスピーカーです。
大きく言って、音源はクラシックとジャズが最も対照的と言われます。
この二つの音楽の中間にポップスやロックなどがありますが、これらの音源は元々電気化された音を使う場合が多いので、機器による大きな違いは無いと言えましょう。
クラシックは多くの楽器が同時に出す音に対応しなければなりません。
どちらかと言うと周波数が広く万能で癖のない機器が選ばれます。
ジャズは楽器が限られますので、特定の音域を強調した機器が好まれるようです。
カタログなどの資料を調べるとクラシック向けとジャズ向けと記載されてる場合が多いでしょう。
さらには、実際にリスニングルームで、電気を利用しない音源を聴いてみることが重要です。

オーディオでこだわりたいパーツとは

オーディオでこだわりたいパーツとは オーディオについてこだわっていくと、さまざまなパーツに音質を向上させるポイントがあることに気がつきます。
ノイズの混入を防ぎ電気信号の劣化を徹底的に排除していくことで音が良くなるということが分かってきたら徐々に細かい部分にまでこだわっていくことになります。
そうやってこだわりたいパーツが増えてくるとオーディオ類にはお金がかかります。
「サウンドが良い」または「サウンドが悪い」というのは結局は主観的な部分があります。
高音がクリアでないと満足できない人もいれば、重低音が響いてこないと満足できない人もいて、こだわりたいパーツの種類もそれによって変わってきます。
先月アンプやスピーカーにこだわって購入したとしても、次にはアンプとスピーカーをつなぐケーブルにこだわってしまうということもあります。
そこにこだわってくるとスピーカーケーブル1本でも高額なモノが数多く存在します。
次にアンプにこだわり始めたら真空管アンプという選択も考えられます。
そうなると今度は真空管というパーツにこだわってしまう人もいるわけです。
オーディオに興味を持ち始めると、こだわりたいパーツは数限りなくあるといっても過言ではありません。



\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>