ケーブルの賢い選び方

電源ケーブルで音質が変わる

電源ケーブルで音質が変わる 一般的に言って、家庭等に来ている電気は歪んだ波形となっており、ノイズがのっている状態で届いています。
普通の電化製品を起動させるのには問題は無くても、オーディオ等で好みの音とか作りたい音を求める際には影響が出てしまう、という事です。
これは、使っている機材や目的によっても変化してくるのでしょうが、まずノイズを減らすのにはノイズフィルターのある機器が必要になります。
知人のギタリストにもアンプを通して音を出しているのですが、コンセントからアンプまでの電源コードにこだわり、ギターからアンプまでのシールドケーブルにもかなりのお金をかけておられる方がいました。
素人の耳にも聞き比べるとその音は違いましたが、一番大切なのはその音を作り、聴いてもらう方の好みの音に如何に近付けるか、という事です。
楽器で作る音でもそれほど変わる音ですからオーディオで再現される音が変わらない訳がありません。
音を聴く環境、音を再現する機材、音を再現するための音源によって音が変わるのですから、それと同様に電源ケーブルも音を再現するための機材の一部だと理解できればいいのではないでしょうか。
より、クリアな音を求めるのであれば音源や環境だけではなく、音を再現するための機材の一つとして電源ケーブルにもこだわってみるのもいいと思います。
電源ケーブルにこだわれば少なくともノイズの少ない電気にはしてくれます。

オーディオや電源ケーブルを販売している所とは?

オーディオや電源ケーブルを販売している所とは? オーディオと言えば、聞こえてくる音に最も影響を与える箇所はスピーカーであると考えられる事が多いです。
しかし、実際は音を良くしたい場合スピーカーよりもケーブルに拘りを持つべきです。
しかも、一言でケーブルとは言ってもオーディオをスピーカーを接続する物に限らず、コンセントから電気を得る電源ケーブルも重要です。
つまり、オーディオに関する物を購入する時には、こうした各部の部品の重要性を正しく理解している販売所で購入すべきです。
つい、手軽に済ませてしまおうと考えるあまり、身近な電気店などで手に入れる方法を採用してしまいがちですが、電気店は専門知識に精通していない可能性が高いです。
そこで選ぶべきなのはオーディオを専門に取り扱いしている販売店です。
この手のお店は特に大きな街に路面店が存在しており、家電量販店などには卸していない特殊な機器があります。
どのような質問をしても的確な答えを返してもらえるので、購入に関して不安材料がありません。



\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>